楽したいあなたは必見

休日くらいは楽をしたいけれど、ずっと家の中にいても退屈と思うのなら、国内ツアーに参加してみるのもいいでしょう。個人で観光に行くよりも断然お得に旅を行なうことが可能になっているので、メリットを知っておくべきです。

ツアーに参加するメリット

破格で参加できる

自分で飛行機を予約すると安い時で片道1万円かかり、高ければ2万円以上かかるのはざらだと言えるでしょう。しかし、ツアーを利用するだけで、飛行機代を1万円以下に抑えることも不可能ではないのです。そうするには、旅行会社のキャンペーン情報を隈なくチェックしておくといいでしょう。そして、そういったキャンペーンはすぐに受付終了になってしまうので、早めに申し込んでおくのがベストです。申し込みができれば、お得にツアーを楽しめちゃいますよ!

未知なる道も添乗員がご案内

自分達で沖縄を観光するとなると、那覇空港に着いたら自分でバスやモノレールで移動方法を検索しなければなりません。しかし、ツアーに参加すれば、空港からホテルまで常に添乗員の案内付きでバスで移動することができるので、手間をかけることがなくなるでしょう。また、ホテルから観光地までほとんど同じ大型バスにて移動するので、乗り間違えることがありませんし、面倒な乗り換えをする必要もないのです。ですので、未知なる道を楽々移動したいのなら、ツアーに参加することを念頭に置いておくといいでしょう。荷物もバスに乗せて移動できるので、楽ですよ。

風景を楽しめる

移動がバスの場合は、都会では見られないような大自然を車窓から一望することができるのも、バスツアーのいいところと言えるでしょう。反対に、田舎から都会に来る場合でも、地元にはないような建物をバス内から見ることが可能になっています。また、実際に降りて観光をすると暑さや寒さや人込みに絶えなければなりませんが、バスの中なのでクーラーに当たりながら絶景を楽しむこともできるでしょう。また、自分で運転をしなくても全てドライバーが行なってくれるのもメリットとなっています。

かけがえのない友ができるのが最大の魅力

一人で旅行をしていても、なんだか虚しいく感じてしまうのなら、ツアーに参加してみるといいかもしれません。ツアーには最低でも20人は参加しているものがほとんどですので、積極的に話しかければ友達を作ることが可能です。そして、旅の道中に観光中に起こったことを共有することができるでしょう。さらに、話が弾んでもし連絡先を交換することになればツアーが終わった後でも連絡を取り、再び旅行に一緒に行くこともできるのです。これがツアー最大の魅力と言えるでしょう。また、無口であってもフレンドリーな方が話しかけてくれたら、心を開いてみると思いの外話が弾むこともあります。また、現地の方と仲良くなることだってできるんですよ。

不動の観光スポットランキング

no.1

青の洞窟

青の洞窟は、沖縄本島の中で最も海が綺麗に見える場所だと言われており、国内や海外から絶えず観光客が押し寄せています。特に夏本番の7月から8月になると予約が取りにくくなるほどと言えるでしょう。他にも、沖縄は他の地域に比べて熱くなるのが早いので、4月から5月にかけてもまだ混雑することもあるのです。ですので、なるべく観光シーズン以外の月や平日を選ぶといいでしょう。しかし、さすがの沖縄も12月から3月までは寒くなることもあるので、シュノーケルする際にも季節に応じて服装などには注意した方が良さそうです。また、季節に応じて海の風景は変わりそれも楽しいので、何度も時期をずらして訪れる方もいますよ。

no.2

与論島の海でバカンス

奄美諸島にある与論島は、なんといっても青い空や海が人気になっており、大金久海岸でマリンスポーツを満喫することができるようになっています。そして、そちらで遊んだ後は涼を求めて赤崎鍾乳洞へ行くのもいいでしょう。こちらは、洞窟になっているので、中に入れば日が当たることがありませんし、涼しい風が吹いているので、海で火照った体を癒すこともできるでしょう。他にも、按司根津栄神社というところがあり、パワースポットになっているいので、ご利益を受けたい多くの方が足を運んでいるのです。

no.3

首里城へゴー

沖縄の歴史を知りたいなら、那覇にある首里城は欠かすことができません。むしろ、そこから歴史が始まったといっても過言ではないので、一度は訪れてみるといいでしょう。ツアーの予定に組まれていることも多いですよ。そして、場内へ入ると琉球王朝時代の着物を着たスタッフと一緒に写真撮影をすることが可能です。また、個人で移動するなら那覇空港からゆいレールに乗り、最寄り駅から首里城行きのバスが出ているので、そちらを利用するといいでしょう。この移動も良い思い出になりますよ。

いいこと尽くめ

ダイバー

沖縄の人気スポット

夏の国内旅行で人気ナンバーワンなのが、何といっても沖縄と言えるでしょう。そして、マリンスポーツ目的で来る観光客の間では中部地方に位置する青の洞窟が人気を誇っています。こちらでは、シュノーケルをを楽しむことができ、神秘的な海の青さを体感することができるようになっています。また、日差しによってライトブルーやダークブルーに見える箇所もあり、より一層神秘さを醸し出しているのです。そして、離島で一番人気なところが奄美諸島のひとつである与論島となっています。与論島でもシュノーケルができますし、他のマリンスポーツを楽しむことができるのです。与論島や沖縄へ行くには、飛行機や船でしか行くことができず、一人では不安といった場合もあるでしょう。そんなときは、旅行会社が提案しているツアーに参加してみるといいでしょう。

煩わしさから解放される

県外から沖縄・離島に行くためには、飛行機や船、ホテルなどを自分で手配しなければなりませんが、ツアーに参加することによって、その手間を省くことができるでしょう。もちろん、沖縄県だけでなく与論島に行くための船のチケットなどもすべて旅行会社が手配してくれるので、慣れない船の予約方法がわからなくても安心して旅行を満喫することができるのです。また、沖縄本島にある青の洞窟へは中部の方に位置するので、那覇空港からはバスかレンタカー、タクシーでないと行くことが難しいです。しかし、ツアーや宿泊先と航空券がついたパック旅行ならこちらも旅行会社が用意してくれるので、手ぶらで行けるような手軽さと言っても過言ではないでしょう。

広告募集中